本文へスキップ

カウンセラーになるための具体的な方法を解説

心理系資格、大学、大学院心理カウンセラーになる方法

三部構成で解説(基礎、資格、仕事)

大学・心理学部を選ぶ前にCOUNSELOR



学部・学科選びの前に、学部卒業生の進路を調べることをオススメします。卒業後の進路を調べれば、大学院への進学状況や、就職率などその学部の実力が正確に把握できます。

大学 心理学部を選ぶ前に、卒業生の進路を把握しておくことをオススメします。
卒業生の進路を調べれば、大学の実力・内情が丸見えになります。


卒業者名簿を利用した調査

インターネットの掲示板や、大学のホームページでも卒業生の進路は載っているのですが。業種の紹介に留まっており、具体的な企業名や大学院の名前は出てきません。

企業名や大学院の名前など、そういった詳細情報は卒業者名簿を利用して調べることができます。(卒業者名簿には、卒業生の氏名、就職先、住所や電話番号まで掲載されています。)



卒業者名簿の閲覧方法
卒業者名簿は就職課に置いてあるパソコンから閲覧することが出来ます。基本的に、その大学の学生でなければ閲覧できないことになっていますが。やり方次第では外部の人間でも閲覧できます。学生証の提示を迫られたときも、進学希望の人間であることを伝え身分証明書を見せると、学生証が無くてもOKが出る場合があります。また、何のチェックもなく自由に名簿を閲覧できる大学もあります。※最近は個人情報の扱いが厳しくなってきているので、この手法では名簿を閲覧できない大学も増えていますが。。名簿の閲覧方法や規則は、大学によって違いがあります。大学構内に立ち入るのに抵抗がある方は、一般公開されている時を利用しょう。


卒業生の進路を調べれば、大学の実力・内情が丸見えになります。大学院への進学状況や、就職率などその学部の実力が正確に把握できます。


卒業者名簿の前に、大学パンフレットには目を通しておく

卒業者名簿で探す前に、大学パンフレットには目を通しておきましょう。大学のパンフレットは基本的な情報しか載っていませんが、最低限抑えるべき情報は一通り揃っています。その年の募集人数、受験資格の変更点など、大事な情報も掲載されているので押さえておきましょう。

学部のアピールや、就職成功談は過剰アピールにされているので、話半分くらいに捉え、実情とのギャップは自分で調べるのが基本です。


現役で在籍している人の話を聞く

卒業生の進路や、大学内部の情報を得るためには、現役で在籍している人の話を聞くのも有効な方法です。シンプルですが、生の情報ですから、参考になります。



カウンセラーになるには
カウンセラーになるための方法、必要な資格、大学院、心理職の職場等の解説。カウンセラーになるために選択する進路。大学へは行っておいたほうが良いです。
心理学を学ぶ場所
心理学を学ぶ場所、それぞれの特徴を紹介。大学、大学院、夜間大学、留学、専門学校等。心理学を学べる代表的な場所を、9ヶ所紹介します。
大学・心理学部を選ぶ前に
学部・学科選びの前に、卒業生の進路を調べましょう。大学院の進学率や、就職率等。学部・学科選びの前に、学部卒業生の進路を調べることをオススメします。
精神科医との違い
カウンセラーと精神科医は、違います。カウンセリングへの取り組み方、医療行為等。 精神科医とカウンセラーの大きな違い
カウンセラーの役割
カウンセラーの役割は傾聴。立ち直るのはあくまでクライエント自身です。カウンセラーは悩みを真剣に聴きますが、クライエントとは適度な距離を取ります

心理カウンセラーになる方法ビルダークリニック

を、三部構成にて解説(基礎編、資格編、仕事編)
カウンセラーになるための具体的な方法を解説しています。心理系資格、大学、大学院、心理職の職場、応募方法等。