本文へスキップ

カウンセラーになるための具体的な方法を解説

心理系資格、大学、大学院心理カウンセラーになる方法

三部構成で解説(基礎、資格、仕事)

公務員の心理職COUNSELOR



公務員の心理職(家裁、法務教官、鑑別所等)を紹介します。

公務員の心理職は試験の難易度が高く、採用数も少ないため、倍率は常に10倍以上になりますす。


家庭裁判所調査官、法務教官、少年鑑別所等で勤務する場合、公務員として生活が保障された心理職に就くことができます。
試験と面接の出来が良ければ、大卒でも試験に合格できますが。合格するには、在学中の猛勉強が必要になります。


家庭裁判所調査官

非行少年やその家族の調査、面接、処遇の決定を行います。経歴、生活環境を調べるだけでなく、関係者(検察、少年院、鑑別所の職員)との交渉や、法律問題まで幅広い業務に携わることになります。家庭裁判所調査官補I種試験に合格後、裁判所職員総合研修所で2年間の研修を修了すると、家庭裁判所に配属されます。

試験:家庭裁判所調査官補I種試験
給料:初任給で約20万円


少年鑑別所

全国で52ヶ所に設置されている更生施設です。少年鑑別所での鑑別結果次第で少年院や、保護観察所に行くことが決定します。鑑別結果は家庭裁判所に送付され、指導の際の資料として活かされます。法務教官や法務技官の役割は、非行少年が正しく社会復帰するための手助けとなっています。

試験:国家公務員T種試験
給料:初任給で約20万円

その他、公務員の心理職
警察の心理職、少年院、刑務所、拘置所、児童相談所、福祉相談センター等。



教育分野の仕事
直接、現場で子供と関わる仕事が多い分野です。0歳時〜児童期、青年期の子供と向き合います。
医療分野の仕事
医療分野では、カウンセラーが活躍できる場所は限られてしまうため、簡単な紹介に留めます。
福祉分野の仕事
実力が重要視されます。カウンセリングを活かす機会も多いのですが、仕事はハードです。
公務員の心理職
公務員の心理職(家裁、法務教官、鑑別所等)を紹介します。
スクールカウンセラー
スクールカウンセラーになる方法。採用ルート、給料、仕事内容、役割、等。
その他(開業、研究、産業)
その他の心理職(開業カウンセラー、研究員、産業分野)について解説します。

心理カウンセラーになる方法ビルダークリニック

を、三部構成にて解説(基礎編、資格編、仕事編)
カウンセラーになるための具体的な方法を解説しています。心理系資格、大学、大学院、心理職の職場、応募方法等。