本文へスキップ

カウンセラーになるための具体的な方法を解説

心理系資格、大学、大学院心理カウンセラーになる方法

三部構成で解説(基礎、資格、仕事)

医療分野の仕事COUNSELOR



医療分野では、カウンセラーとして活躍できる場所は限られてきます。そのため、ここでは簡単な紹介に留めます。


カウンセラーは、医療現場での活躍が難しい

カウンセラーが、医療現場で活躍するのは難しいことです。精神科、心療内科、小児科など。病院でも働き口がないわけではないのですが。医療の現場ではカウンセラーとして活躍できる場所は限られてきます。「病院は病気を治す場所」というイメージに加えて、カウンセリングが浸透していない日本では、心理士は病院で求められる機会が少ないのです。医師からも患者からも、期待されることが少ないのです。

病院では医療行為、及びそれに関わることの出来る人間が重宝されます。医療機関で働くことを希望する方は、心理系の資格を取るより、医療関係の資格を取ったほうが良いでしょう。就職もしやすくなります。

その他、医療分野の仕事
精神保健センター、保健所など



教育分野の仕事
直接、現場で子供と関わる仕事が多い分野です。0歳時〜児童期、青年期の子供と向き合います。
医療分野の仕事
医療分野では、カウンセラーが活躍できる場所は限られてしまうため、簡単な紹介に留めます。
福祉分野の仕事
実力が重要視されます。カウンセリングを活かす機会も多いのですが、仕事はハードです。
公務員の心理職
公務員の心理職(家裁、法務教官、鑑別所等)を紹介します。
スクールカウンセラー
スクールカウンセラーになる方法。採用ルート、給料、仕事内容、役割、等。
その他(開業、研究、産業)
その他の心理職(開業カウンセラー、研究員、産業分野)について解説します。

心理カウンセラーになる方法ビルダークリニック

を、三部構成にて解説(基礎編、資格編、仕事編)
カウンセラーになるための具体的な方法を解説しています。心理系資格、大学、大学院、心理職の職場、応募方法等。