本文へスキップ

カウンセラーになるための具体的な方法を解説

心理系資格、大学、大学院心理カウンセラーになる方法

三部構成で解説(基礎、資格、仕事)

産業カウンセラーCOUNSELOR

産業カウンセラーとは、社員向けのカウンセリングや、キャリア相談のスキルを学ぶカウンセラー資格です。職場復帰の手伝い等、職場で起きた問題に取り組みます。受験者も多い人気資格です。


産業カウンセラーの仕事

社員向けのカウンセリングや、職場復帰の手伝い等。職場で起きた問題に取り組みます。うつ病になった社員等を対象にしたカウンセリングが主な業務です。仕事はカウンセリングだけに留まらず、職場復帰のための環境を整えることも仕事に含まれます。現場の人間と話し合い、休職者の受け入れ態勢を整えるのですから、現場での実務経験も重要になってきます。


産業カウンセラーの就職状況

産業カウンセラーとしての働き口は少数です。メンタルヘルスの重要性を認識し、相談室を設置する企業も増えてきていますが、まだまだ少数です。

産業カウンセラーは、就職目的より、仕事に活かすために取得する方が多いです。会社の人事部に所属する方が勉強として取得するケースです。資格取得の過程で実践的な知識を学べるため、産業カウンセラーの養成講座は人気があります。


試験内容と受験資格

学科試験と実技試験の成績を、総合的に判断して合否が決まります。合格者のほとんどが養成講座を受けています。主な受験資格は、大学で心理学を専攻するか、産業カウンセラー養成講座を受講することです。受験資格は、年度によって細かな条件が変わるので、資格取得を真剣に考えている方は必ず最新情報をご確認ください。

産業カウンセラーの仕事内容について調べる(PR 書籍)


(記事おわり)

心理カウンセラーになる方法

を、三部構成にて解説(基礎編、資格編、仕事編)
カウンセラーになるための具体的な方法を解説しています。心理系資格、大学、大学院、心理職の職場、応募方法等。