本文へスキップ

カウンセラーになるための具体的な方法を解説

心理系資格、大学、大学院心理カウンセラーになる方法

三部構成で解説(基礎、資格、仕事)

教育カウンセラーCOUNSELOR

教育カウンセラーとは、日本教育カウンセラー協会の認定資格です。 教育現場で児童が抱える問題を専門に学びます。


資格と仕事内容

主に活躍する場所は教育現場です。教育現場で児童が抱える問題と関わります。例えば、学校で悩みを抱える児童を相手にカウンセリングを行ったり。不登校になっている子供に対して、学校に再び行けるようにカウンセリングや指導を行ったりします。現場との連携が取れる心理士は、教師や保護者と協力して、受け入れ体制を整えることもあります。

現職の教師が教育にカウンセリングを取り入れるために取得する等。現場の人間が勉強のために取得するケースが多いです。

教育カウンセラーの主な職場
スクールカウンセラー(自治体による)、特別支援学校、児童相談所、精神保健センター、保健所、医療機関、福祉の現場、地方地 自体の相談室、家庭裁判所等。


試験内容
日本教育カウンセラー協会が主催する「教育カウンセラー養成講座」を受講した後、筆記試験と小論文試験に合格する必要があります。

教育カウンセラーの仕事内容について詳しく調べる(PR 書籍)


(記事おわり)

心理カウンセラーになる方法

を、三部構成にて解説(基礎編、資格編、仕事編)
カウンセラーになるための具体的な方法を解説しています。心理系資格、大学、大学院、心理職の職場、応募方法等。