本文へスキップ

カウンセラーになるための具体的な方法を解説

心理系資格、大学、大学院心理カウンセラーになる方法

三部構成で解説(基礎、資格、仕事)

応用心理士COUNSELOR

応用心理士とは、日本応用心理学会の認定する心理系資格です。医療、福祉、研究と幅広い分野で活躍しています。


応用心理士とは

応用心理士の活動の幅は医療、福祉、研究と幅広く、今後の活躍が期待されています。

認定は試験ではなく、審査制です。申請条件は厳しく、条件が複数あります。学会歴が2年以上。また、4年制大学を卒業していること、研究論文を発表していること、3年以上の実務経験を積んでいること、学会主催の研修会に5回以上参加していることが必要です。

心理カウンセラーになる方法

を、三部構成にて解説(基礎編、資格編、仕事編)
カウンセラーになるための具体的な方法を解説しています。心理系資格、大学、大学院、心理職の職場、応募方法等。