本文へスキップ

カウンセラーになるための具体的な方法を解説

心理系資格、大学、大学院心理カウンセラーになる方法

三部構成で解説(基礎、資格、仕事)

家族相談士COUNSELOR

家族相談士とは、健全な家庭を作るための心理的援助を学ぶ資格です。各家庭の問題を分析し、問題解決のための援助、助言を行えるよう、学習を行います


家族心理士の資格と仕事内容

家族心理士は、家族心理学会と日本家族カウンセリング協会が共同で設立した資格制度です。相談所等に勤務する資格保有者は、家庭で起きた問題と関わることになります。離婚問題、不登校など様々な問題が持ち込まれます。

クライエントとのカウンセリングだけに限定せず、クライエントが社会復帰するためのライフトレーニングを行うこともあり、家族相談士には確かな知識と経験が必要になります。問題を家庭内のものだけと決め付けず、地域や学校、親の職場との関係性も考慮し、広い視野で問題を分析する能力も必要になります。

家族相談士が活躍する主な場所
児童相談所、精神保健センター、保健所、医療機関、福祉の現場、地方地 自体の相談室、家庭裁判所等。


資格取得方法と受験資格

年に1回実施される資格試験に合格することで、家族心理士として認定されます。
家族相談士の資格取得者の大半は、協会主催の家族相談士養成講座を受講しています。

筆記試験、面接審査:2月初旬〜3月初旬
試験実施要項発表:11月初旬
書類審査:12月下旬

受験資格
・協会主催の家族相談士養成講座に3分の2以上出席。
・または、家族心理学の分野での臨床実績。

カウンセラーになる方法を詳しく調べる(PR 書籍)


(記事おわり)

心理カウンセラーになる方法

を、三部構成にて解説(基礎編、資格編、仕事編)
カウンセラーになるための具体的な方法を解説しています。心理系資格、大学、大学院、心理職の職場、応募方法等。