本文へスキップ

カウンセラーになるための具体的な方法を解説

心理系資格、大学、大学院心理カウンセラーになる方法

三部構成で解説(基礎、資格、仕事)

倫理療法士COUNSELOR

倫理療法士とは、日本論理療法学会が認定する資格です。感情、思考パターンの扱いに力を入れます。


倫理療法士の仕事

大学の研究所、医療機関、精神保険センター等で活躍する資格です。論理療法をカウンセリングで使う場合、感情、思考パターンの扱いに力を入れます。論理療法(REBT)の創始者Albert Ellis のカウンセリング・サイコセラピー哲学が基になっています。

精神的な問題を抱えている場合。論理療法では、思考や思い込みが精神を追い詰めていると捉え、思考パターンを正しい方向へ修正し、感情を安定させていくというアプローチをとります。うつ、ストレス、不安、苦痛、などを論理的に整理し、考え方を改めていく方法です。リスクの高い心理療法ですが、診断も投薬も行っていないため、あくまでカウンセリングとなっています。

論理療法士の知名度は高くないため就職に活かしづく、資格の取得だけでは生活できません。論理療法士は、自分の仕事に活かすために取得する方がほとんどです。


取得方法と受験資格

・論理療法士補
学会主催研修講座を受講した後、資格試験に合格。
または、学会認定の大学講義を履修した後、資格試験に合格。
・論理療法士
2年間の論理療法士養成講座を受けた後、資格試験に合格。
※論理療法による2年間の臨床経験、または研究実績ある場合、講習は1年間。

試験は毎年1回実施されます。

受験資格
・日本論理療法学会の学会員であること。
・受験資格年齢・25歳以上(論理療法士補は20歳以上)

心理カウンセラーになる方法

を、三部構成にて解説(基礎編、資格編、仕事編)
カウンセラーになるための具体的な方法を解説しています。心理系資格、大学、大学院、心理職の職場、応募方法等。